FC2ブログ

Color of the Mind

 ヒーリングのこと、日常のこと、あれこれと…。

“母”という存在

IMG_8415.jpg


夫の祖母は97歳で一人暮らしをしているほど元気な人ですが、夏の暑さのせいか10月初めに体調を崩し入院。高齢なので、叔父や叔母が駆けつけたり、義父も「何があってもおかしくない年齢」とは言っていましたが、先日無事に退院、一安心です。

その間、用事で父に会ったときに話をしたら、「97歳だったら、(生きていたら)死んだ婆さん(父の母のこと)と同い年だな」と一言。
祖母が亡くなってから15年位たつのですが、父にとって、祖母の年齢は亡くなった年齢で止まることなく、ずっと重ね続けられていたことを知り、ちょっとじ~んときました。

そしてまた別の日。今度は母と母方のお墓参りに行ったときのこと。
母は2歳のときに母を亡くしているので、母親の記憶は全くないとのこと。なので滅多に母から話を聞いたことはなく、この日もぽそっと「覚えてないのよねぇ」と言っていたのが印象的でした。

あたりまえだけれど、誰にとっても“母”という存在がいること。
“母”に対する思いは人それぞれ違うと思うけれど、“特別な存在”だと思う…。みんな、“お母さん”から産まれてくること、あたりまえだけど、なんだかちょっと考え深い。。。

そして、私にとっての“母”という存在の他に、父にとっての“母”、母にとっての“母”への思いが、私の中のどこかに受け継がれているような気がして、脈々とした繋がりを感じたこの頃でした。


Home

プロフィール

Author:Tanaka Mika
ハンズオン・ヒーリング、関係性エネルギー・ヒーリングのセッションをおこなっています。

木漏れ日の中での昼寝と、空の移り変わる色を見ることが至福の時間。

twitter

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

Top